虹の橋のメイと7匹のネコたち

初めて拾ってきたネコのメイは二十歳を目前に虹の橋へと旅立っていきました。我が家にやってきた8匹のネコたちののんびりなごなごした記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ホットマットとネコ

先週、ヨドバシカメラでホットマットを買ってきました。季節が変わる時期なので、冬物が安くなっていて3千円で買えました。本来は人間用のものですが、ネコのためにと買ってきました。

だれが使っているかというと、カイトがいたくお気に召したようで、独占しています。ミーシャが、私ものせてと来ても、だめだめ、ぼくのだよ!と譲ってくれません。

でもミーシャもこたつの上のテントがお気に入りで、あたたかく過ごしていますけどね…。

クウも自分専用のホットマットを持っていて、古くからの愛用者です。実はルルドもホットマットを使っています。低温やけどにならないように、ホットマットの上に敷物をしいたり、熱くなり過ぎたら避難できる場所も作ってあります。ぽっちゃんは、ふだんこたつの中にいることが多いです。ネコはあたたかい場所が大好きですね。

ネコたちもこの冬を無事乗り切ってよかったな。だれも病気やケガにならなかったし、人間もインフルエンザにかからずに済みました。

これから来る本格的な春が楽しみですね〜。花粉症だけど…。花粉症さえなかったらな〜。わが世の春なのに…。


20170302mat.jpg
ヨドバシで買ってきた素敵なホットマット。少し浮いて見えるのは下にクッションを敷いているからです。



20170302kaito2.jpg
ぼくのホットマット。だれにも渡さないぞ!


20170302kuu2.jpg
ぼくもホットマット持ってるよ、とクウちゃん。


20170302kuu3.jpg
年季が入ってるね。


20170302kuu1.jpg
あったかいにゃ~。


20170302kaitorurudo.jpg
カイトとルルド。ルルドのケージからホットマットのコードが垂れています。


20170302rurudo1.jpg
どうですか。ルルちゃん。


20170302rurudo2.jpg
うん、あったかい。


20170302kaito4.jpg
ぼくもあったかい~!


20170302kaito3.jpg
あったかいよ!


20170302kaito1.jpg
あったかい~!!


20170301ume.jpg
昨日撮影した梅。

スポンサーサイト

PageTop

冬のネコたち

久しぶりの更新でごめんなさい。m(_ _)m
今日はこの冬に撮った写真をお見せしたいと思います。

20170202kotatu.jpg


kotatsu01.jpg

こたつの中に入った3匹。3匹一緒に入ることはほとんどないので、シャッターチャンス!と思って撮った写真です。(笑)

20170202misya4.jpg

部屋がせまいので、ベッドの上にこたつというちょっと変な配置になっています。

20170202misya3.jpg

ミーシャはこたつの中よりその上のテントがお気に入り。

20170202misya1.jpg

映画「ファンタスティックビースト」面白かったですよね!ミーシャもファンタスティックなビーストに…。それともファンタビファンでしょうか…。

20170202misya2.jpg

このタオルは映画館で買ったのではなく、セブンイレブンでおにぎりを買って、ついてきたものだそうです。

20170202rurudo1.jpg

ルルドは足が不自由で、しかも長毛種だから、自分でグルーミング(毛づくろい)できる範囲が少ないので、ごわごわに毛が固まってしまう所があります。母がバリカンで刈ろうとするのですが、意外と気の強いルルドくんは、嫌がって毛を刈らせてくれません。写真はやっと取れたごわごわで、ルルドくんの小さな分身のようです。

20170202rurudo2.jpg

20170202rurudo3.jpg

PageTop

メイが今の家に来た話

メイが亡くなって、今年でもうすぐ6年になります。2010年12月3日にメイは亡くなりました。享年19才でした。

年が明けた1月に、私たち家族は今の家に引っ越しました。だからメイは新しい家を知りません。でもメイも今の家にやって来たんだと感じられることがありました。

引っ越して何ヶ月か経った頃、弟が夢を見ました。今の家へ来てから利用している電車に、メイが一匹で乗っていたそうです。最寄り駅でドアが開き、メイが降りようとしたらドアとホームのすき間に落ちてしまったそうです。それを迎えに来たのか、母が拾い上げ家に連れ帰ったという夢でした。その話を聞いて、メイも新しい家へ来れたんだとうれしく思いました。


それからもう1つ余談があります。今度は私が実際に起こした話です。これも引っ越してしばらくの頃、私がメイの骨を入れた小さなロケットを携帯のストラップに付けていて、駅へ行こうと川沿いの道を歩いていたとき、ストラップが取れて落としてしまいました。その時は気づかず、買い物をしているときに気付き、どこで落としたのだろう。どうしよう。メイをなくしてしまったと青くなりました。帰り道、メイを見つけようと必死で目をこらして歩きました。すると川沿いの道にメイの骨を入れたロケットのストラップが落ちていました。フタが開いていて、骨が少し地面に落ちていました。少し減ってしまいましたが、メイの骨を拾うことができました。そのときは本当に神様に感謝しました。だからメイは今も私たちと一緒に暮らしているという感じがします。メイちゃん、いつも見守っていてくれてありがとう!!



20161202mei4.jpg
この写真はまだメイがふっくらしているころの写真。祭壇に飾っています。


20161202mei1.jpg
メイの毛色を見て、色々ミックスされているねと獣医さんに言われました。


20161202mei2.jpg
いすの間で寝るのが好きだったね。


20161202mei3.jpg
メイの寝姿は本当にかわいかった。くたっとしたぬいぐるみみたいだった。


20161202meimisya1.jpg
メイはミーシャをかわいがってくれていたね。今はミーシャがぽっちゃんをなめているよ。



201451meimisyan.jpg
二段ベッド。(笑)


20170202roket.jpg
メイの骨の入ったロケット。


201451mein2.jpg
メイちゃん、ありがとね。(^^)

PageTop

母、ムカデにかまれる!!

先月の9月6日、母がムカデにかまれました️!!リビングでカイトと横になってくつろいでいたときに襲われたそうです。母は右手の薬指をかまれ、激痛に耐えながらなんとか電話でタクシーを呼び、一人で病院へ行ったそうです。その日はあいにく誰も家にいなかったので…。私は帰りの電車で、携帯のメールを見て事態を知りました。ドラッグストアでムカデ退治のスプレーを買って帰りました。

帰ってみると母の手はグローブのようにはれていて、すごい痛みでお産のときより痛かったと言っていました。(>_<)
ジジにかまれたり、ムカデにかまれたり母は何度も大変な目にあっているなぁ…。

虹の橋へ旅立っていったケイは、若い頃ムカデをやっつけてくれたことがありました。寝ている弟を守ってくれたケイ。立派だったなぁ…。「それに比べてカイトは…」と何度も私は言ってしまいましたが、母は「かまれたのがカイトじゃなくてよかったよ。お口で何も言えないんだから」そうか、もしカイトがかまれていたら、誰にも気づかれず、ひとりで痛い思いをしなくてはならなかったかもしれないのだな…。カイトが無事でよかった…。
でもカイトは本当に母にべったりの甘えん坊過ぎると思います。母がテレビを見たりくつろいでいるときは一緒にいて、常にどこか母に触れていないと落ち着かないみたいです。夜寝る時も当然一緒です。でもまあいいか。そんなカイトがとってもかわいいしな…。


20161004kaito3.jpg
無事これ名馬のカイト君。


20161004kaiton4.jpg
我が家の愛されキャラ。


20161004kaiton2.jpg
カイトはテーブルにのって外を眺めるのが好き。


20161004kan.jpg
ぽっちゃんも登場。


20161004kaiton5.jpg
ピーナッツかぼちゃブラザーズ。ピーナツかぼちゃとうり二つ(笑)


20161004kaiton01.jpg
大好きな母とともに…。



PageTop

ジジを偲んで

ジジが亡くなって、9月7日で3年になりました。ジジが生きていた日々が遠くなり、私の記憶の中のジジもだんだんとおぼろげになってしまっているような気がします。

年齢不詳で風来坊のようにうちに来たジジ。家族から営業部長と呼ばれるほど、どんな人にも物怖じしない、頭のよかったジジ。家の外に出るのが大好きだったジジ。浴室に入って床をなめるのが好きだったジジ。ジジのことを思い出すとまだ思い出せることもあるけれど、しっぽのさわり心地はどうだったかなとか、どんなフードを食べていたかなとか、ケンカのせいかギザ耳だったけれど、どんなだったかはっきり思い出せなくなってしまいました。それは少し悲しいことだけど、仕方のないことなのかな。

闘病中下痢をして、お尻を汚してしまったジジをお風呂に入れたとき、抱いていた母の腕をジジは噛んでしまいました。病気で体のきつかったときに、必死で自分を守るために抵抗したのでしょう。普段のジジなら少し手加減をしてくれたはずでしたが、その時の母の傷は、病院で診てもらわなければならないほど重症でした。今もうっすらと母の腕には、ジジに噛まれた傷あとが残っています。すごく痛い思いをして大変そうだったけれど、今もジジの生きた証を持っている母がちょっぴりうらやましいと感じてしまう親不孝な私でした。

ジジくん、まだ時間がかかるかもしれないけど、虹の橋で私を待っていてくれるかな…。


201166jiji220160921.jpg
お外に出たいジジ。


201166jiji1.jpg
「だめ~?」


201271jiji1.jpg
お風呂が大好き、妖怪あかなめジジ。


201271jiji7.jpg
「お外に行こうよ!」


201271jiji4.jpg
ジジの夏の定番ポーズ。ふて寝~。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。