虹の橋のメイと7匹のネコたち

初めて拾ってきたネコのメイは二十歳を目前に虹の橋へと旅立っていきました。我が家にやってきた8匹のネコたちののんびりなごなごした記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クウちゃんと春

12月の「ミーシャのこと」で、クウちゃんが温厚になり皆のいるところへ出てくるようになったと書きましたが、今日はクウちゃんのお話をします。

クウは強すぎて、他のこに飛び乗って失禁させてしまった過去を持つ強い男のこです。男のこと言っても現在15才くらいで、人間にするとおじいさんです。そのクウが自分の部屋から外に出てこられるようになりました。でもずっとではなく、人がネコたちを見守っているときだけですが。

問題なのはカイトとクウで、オスネコ同士なので、縄張り意識があるのか微妙な関係です。鼻と鼻をつき合わせてご挨拶をしたりして仲良くなったのかと思いきや、クウがカイトに手を出してネコパンチをしたりとその関係は一進一退です。いや、3歩進んで2歩下がるというぐらいに少しずつ前進しているんじゃないかと思います。そう願いたいところです。(笑)

クウはエサの入った袋が置いてあっても破って食べたりしないし、爪も切らせてくれるし、頭のいいこです。自分の立場がわかっているのか、控えめに皆のいるダイニングには来ずに、となりのキッチンでひとりいることも多いです。

若い頃は、メイやミーシャやカイトに飛び乗っておしっこさせちゃったり、どうしてそうなったのかわからないのですが、父の顔を引っかきに引っかいたり、問題行動を起こしていたクウでした。それが今はずいぶんと温厚になったなぁと思います。

ひとり部屋でさみしい思いをさせた分、今は皆と仲良く楽しい時間を過ごせるよう、これからも見守っていきたいと思っています。
^_^


20180317kuu1.jpg
クウの部屋へようこそ~



20180317kuu2.jpg
ダイニングに来たよ~



20180317kuu3.jpg
ここもダイニング



20180317kuu4.jpg
ぼくもここにいていいよね。「そうだよークウちゃん」



20180317kuukai1.jpg
同じ釜の飯を食うと仲良くなるんだよね!



20180317kuukai2.jpg
カイトよく寝てる!クウは様子をうかがってる…



20180317kuukai3.jpg
その翌日も



20180317kuukai4.jpg
お近づきになりたいクウちゃん。



20180317kuukai5.jpg
だあれ~?



20180317kuukai6.jpg
この後、クウちゃんのソフトネコパンチが…

スポンサーサイト

PageTop

ミーシャの旅立ち

1月4日(木)ミーシャが少し元気になったように見えました。地下のリビングから1階のダイニングへひとりで階段を上がってきたのです。ミーシャが急に現れて、ダイニングにいた私たちはびっくりしました。さらに玄関の方まで行って、外に出たそうにしました。10日以上、水分しか取っていないのに、急に動き回るようになったので、逆に心配になってしまいました。

次の日もミーシャはひとりでお風呂場に歩いていき、しばらくそこにいました。1月6日(土)にはルルドのケージの前まで行きしばらく休みました。ルルドと一緒にいる姿はこれで最後になってしまうかもしれないと思い、すかさず写真に収めました。1月5日には、ミーシャは何も食べられないのにお腹が空いたのでしょう。エサ場に行き、置いてあったフードの匂いをかぎました。でも食べられなくてその近くで少し休みました。見ていてとても切ない気持ちになりました。そこにカイトもいたので、2匹を写真に収めました。ミーシャとカイトはよく一緒にいたなぁ。ミーシャはカイトのことが大好きだったね。

1月6日(土)ミーシャはスープもあまり飲まなくなりました。7日(日)には水も少ししか飲まなくなりました。それなのに7日に私は6、7時間外出してしまいました。ミーシャはまだ頑張ってくれるだろうと楽観的に考え、急いで帰ってきたら幸いなことにミーシャはまだ生きていてくれました。でもトイレに行くミーシャがよろよろと歩いて、支えがなければ歩けなくなっているのを見て、取り返しのつかないことになるところだったと悟りました。ミーシャは私が苦しまないように頑張って待っていてくれたんだと思いました。なんて優しいこだろう。苦しい時にそばにいてあげられなくてごめん。その後悔の思いはいつまでも消えることはないと思います。でも忘れようと思わなくてもいいんだと思います。

1月8日(月)ミーシャは朝を迎えられました。地下のリビングのソファに寝かせました。もう動けなくて水も飲んでくれませんでした。弟が家に来て、水を少し飲ませてくれました。父も母も弟も私もミーシャを見守りました。ミーシャは時々、寝た状態で歩くように手足を動かしました。口もむにゃむにゃと動かしました。苦しそうになったので、母がミーシャを抱き上げると、ミーシャはおしっこをしました。その後すぐに吐きました。トイレに行きたくて、手足を動かしていたのかもしれません。気持ち悪くて口を動かしていたのかな。きれいにしてソファに寝かせると、しばらくして触っても動かなくなりました。13時20分くらいでした。皆に見守られてミーシャは旅立ちました。その体はしばらくずっと温かく柔らかくて、死んだとは思えませんでした。私は泣きながらミーシャをなでていました。

父と母がペットを火葬してくれるところをネットで探してくれました。明後日の1月10日(水)に火葬ができる車に来てもらえることになりました。家で一番涼しい納戸にミーシャを運びました。保冷剤を敷いて薄いタオルをミーシャにかけて風になるべく当てないようにと葬儀社の方に言われそうしました。次の日私は、ミーシャのためのお花を買いにいきました。黄色と紫のビオラとパンジーと、オレンジ色のミニバラ、薄紫色のスイートピーを買いました。そしてミーシャに手紙を書きました。棺に入れられると聞いたので。

1月10日(水)ミーシャをリビングまで運び、お花で飾りました。葬儀社の方が来て、ミーシャを棺に入れ、お経をあげていただきました。簡単なお葬式をしました。ミーシャを火葬していただくのに1時間くらいかかりました。煙が真っ直ぐ上空へ昇っていったと母は言いました。ミーシャ、お疲れ様。ゆっくり休んでね。メイとケイとジジが虹の橋へ連れていってくれたかな。待っててね。いつか必ず行くからね。きっとまた会おうね。ミーシャ、ありがとう。またね。



20180223misyakai5.jpg
去年の夏ごろの2匹。



20180223misyakai2.jpg
シンクロする2匹。

 

20180223misyakai3.jpg
夜も。



20180223misyakai1.jpg
リビングでも。



20180223misyaeto.jpg
弟とお昼寝。



20180223misya1.jpg
ネコと毛糸玉は絵になるね。



20180223misya2.jpg
お目めぱっちりミーシャ。遺影にしました。



20180223misya5.jpg
最期の日の頑張っているミーシャ。



20180223misya4.jpg
よく頑張ったね。



20180223misya3.jpg
ミーシャ、ありがとう。

PageTop

ミーシャの闘病

12月15日(金)ミーシャを動物病院へ連れていきました。念願だったバギーカーを父に買ってもらい、ミーシャが初使いでした。なんだか外に出ると元気になるみたいで、ミーシャは目をまん丸くして外の景色を眺めていました。

病院に着き、病理検査の結果を先生から伺いました。癌性腹膜炎であるそうです。脾臓にできた悪性腫瘍が原因で、腹腔内で炎症を起こしているそうです。19歳という年齢のため、手術で腫瘍を取ることは先生には勧められませんでした。消炎鎮痛、抗生物質、食欲を刺激する薬を飲ませ、内科的緩和治療をすることになりました。

10月の健康診断から飲み続けている慢性腎不全の薬、セミントラも続けることになり、朝一番で母がネコ用スープに混ぜて与えてくれました。

病気で細くなった食欲を少しでも取り戻そうと、ミーシャが昔好きだったドライフード、「コンボ」を買ってきました。15歳以上の毛玉ケアという種類があり、フードも薄くて小魚もちりめんだったのでミーシャも食べやすかったのか、よく食べてくれました。

8種類の薬を粉にしてもらい、チュールと混ぜて与えていましたが、吐いたり嫌がったりしたので、ルルドにならってバターと混ぜて与えることにしました。ルルドは膀胱炎の薬を飲むとき、バターと混ぜて、ごっくん、にゃむにゃむという具合に上手に飲んでいます。それでもミーシャは、吐いたり嫌がったりしましたが…。

薬のおかげか食欲が少し戻り、自らドライフードを食べ、夜中にも何度か起きてドライフードを食べにいったりもしました。そういうことが2、3日続けてありました。その食欲に驚きつつも、うれしくて喜びました。


12月18日(月)両親と一緒にミーシャをバギーカーに乗せて毛布をたくさんかぶせて、家の近くの川沿いの道を散歩しました。ミーシャは楽しそうに見えて、もっと早くからお散歩に連れていってあげたらよかったなぁとしみじみと後悔しました。

うんちは2日続けて出ることもありましたが、4、5日出ないこともあり、食べる量が減ったので少量、柔らかい便が出ました。おしっこは毎日数回、トイレまで自分で行ってしていました。うんちも自分でトイレまで行っていましたよ。私と母が行きたそうだと気がつけば、抱っこして連れて行ってあげたりもしました。


12月22日(金)動物病院へ行きました。バターで薬を飲ませていると先生にお話ししたら、メープルシロップを混ぜると飲みやすくなると教えていただき、家に帰ってやってみると、吐かずに飲ませられました。試しに薬をなめてみたら、初めメープルシロップの甘さが感じられ、これなら飲んでくれるかなと思いましたが、後から強い苦味がきて、こんなに苦かったのかと初めて知り、むりやり薬を飲ませていることを申し訳なく思いました。


12月24日(日)朝、ミーシャは布団の上でうんちをしてしまいました。もう歩くのが辛くなったのかなと心配しました。ドライフードもあまり食べなくなってしまいました。「海の味わいスープ」というネコ用のスープと「金のだしカップ」というネコ用ウェットフードの汁だけは飲んでくれました。


12月30日(土)年も押し詰まり、姉と子供たちがやって来て、家はにわかに賑やかになりなりました。ミーシャは子供たちにも慣れていて、堂々として皆を迎えました。最後に皆に会えてよかったな、これまで頑張ってきてよかったなと思いました。


弟もミーシャのためにネコのウェットフードを10個くらい、いろんな種類を買ってきてくれました。どれか1つでも食べられるものがあればと…。残念ながらミーシャはスープしか飲んでくれませんでしたが、弟の存在は心強かったです。経口補水液を作ってみたらとアドバイスもくれました。ネットで作り方を見つけ作ってみました。水1リットルに砂糖40g、塩3gを混ぜたものです。私は熱湯で砂糖と塩を溶かし冷まして飲ませました。飲んでくれて本当にうれしかったです。

姉や子供たちがいることで活気が出て、ミーシャも少し元気になったみたいでした。年が明けて1月2日にベランダでミーシャの撮影会をしました。姉と1番下の姪とベランダのテーブルの上にミーシャをのせて、スマホでかわいいミーシャをたくさん撮りました。夜、姉たちは帰っていきました。

1月3日には弟夫婦が家に来て、ミーシャもごあいさつしました。ミーシャは若い頃と違って、誰とでも怖がらず接することができるようになりました。ミーシャのことを覚えていてくれる人がいるというのがうれしいと思いました。


ミーシャの旅立ちについては次回に書こうと思います。ここまで長文を読んでくださり、ありがとうございました。m(_ _)m



20180119misya7.jpg
12月15日動物病院へ向かっているところ。外に出るとしゃっきり!



20180119misya8.jpg
12月22日駅のホームで。あっち向いて。



20180119misya9.jpg
こっち向いて。ここはどこ?



20180119misya4.jpg
病院に着いたよ~。



20180119misya6.jpg
ミーシャはかわいいねぇ。



20180119misya5.jpg
外に行くと目が開くね。



20180119misya1.jpg
家にいると右目があまり開かなくなってしまったね。



20180119misya2.jpg
1月2日ミーシャの撮影会。



20180119misya1n.jpg
ミーシャはどんな姿のときもかわいかったよ。

PageTop

ミーシャのこと

久方ぶりの更新ですみません。皆様お元気ですか。(と言っても、家族しか見ていないと思いますが…)(笑)

10カ月ぶりくらいなんですね。その間、ルルドが急性腎不全になって命の危機に陥ったり(今はすっかり回復しています。ご安心下さい。)クウちゃんが温厚になり、皆のいる所へ出てくるようになったりと、いろいろあった2017年でした。

ともあれ今日はミーシャのことについてお話しさせていただこうと思います。ミーシャは今年で19才を迎えました。膀胱炎などでときどき獣医さんにかかることもありますが、この年まで無事に過ごすことができました。

10月にかかりつけの病院で、健康診断を受けさせました。体重の減りが大きかったことを先生は心配されました。短い期間で6kgあった体重が5kgを切っていました。人間にとっての1kgは大したものではありませんが、ネコにとって1kgは大きなものなのですね。血液検査や超音波検査(エコー検査)などを受けました。

その結果、ミーシャは慢性腎不全という病気であることがはっきりしました。それと超音波検査から脾臓の形に異常があると言われました。慢性腎不全の治療として、セミントラという薬を飲ませることになりました。尿の中に蛋白が漏れ出し、それが命を縮めてしまう病気なので、尿蛋白を改善させる薬だそうです。透明な液体で無味無臭なので、キャットフードのスープに混ぜて、毎朝おいしそうにミーシャは飲んでいます。

それで安心してミーシャを見守ってきましたが、12月9日にミーシャの左後ろ足が、右の倍くらい大きく膨らんでいることに母が気付きました。病院に連れていくと、先生にむくんでいると言われました。お腹に水が溜まっている可能性もあるということで、検査のためミーシャを夜まで預かっていただくことになりました。

超音波検査、レントゲン検査、血液検査、お腹に針を刺して腹水の一部を取ってそれを調べる検査をしていただきました。夜、先生に説明を受けました。10月の検査で判明した脾臓の形の異常が、腫瘍であることがはっきりしました。もっと詳しく調べるために検査機関に出すことになりました。

10月には5kgを切っていた体重が、病院に行った12月9日には5.5kgに増えていました。腹水の分体重が増えてしまったのだそうです。10月には腹水がなかったのに急に溜まってしまうものなんだと思いました。6日分の飲み薬を頂き、毎日体重を計り、足のむくみをチェックし、薬を飲ませ、それを飲みきったらまた病院へ来るよう言われました。

腹水のための薬、利尿剤、抗生物質、ステロイドの薬、慢性腎不全の薬など5種類を頂きました。どれも大事な薬ですが、セミントラみたいに無味無臭ではないので、ミーシャは飲むのを嫌がります。それでも少しでもよくなってほしくて、無理矢理薬を飲ませています。吐いてしまうことも何度かありました。食欲も落ちてしまい、おしっこやうんちの回数も減っています。

心配なことだらけですが、毎日ミーシャとともに寝て、ミーシャとともに起きて世話をしているととても幸せです。ミーシャを抱っこしたり、膝やお腹にのせたり、なでているとミーシャは満足そうに目を細めます。それを見て逆に私も癒されます。

このままずっとミーシャとともに生きていきたいけど、それは無理なんだと感じています。せめてミーシャが苦しむことなく、穏やかな最期を迎えられることを願っています。


20171218misya04.jpg
ミーシャさん、舌しまい忘れてますよ!



20171218misya06.jpg
ミーシャさん、そこ駐車禁止です。



20171218misya05.jpg
聞いてないわよ~!



20171218misya03.jpg
友人からいただいた雑誌、「クロワッサン特大号やっぱり猫は不思議」の上にのるミーシャ。



20171218misya02.jpg
勉強してると必ずのってきます。「私をお読みなさい」。くるねこのもんさんみたい。



20171218misya01.jpg
最近のミーシャ。がんばってるね。

PageTop

ホットマットとネコ

先週、ヨドバシカメラでホットマットを買ってきました。季節が変わる時期なので、冬物が安くなっていて3千円で買えました。本来は人間用のものですが、ネコのためにと買ってきました。

だれが使っているかというと、カイトがいたくお気に召したようで、独占しています。ミーシャが、私ものせてと来ても、だめだめ、ぼくのだよ!と譲ってくれません。

でもミーシャもこたつの上のテントがお気に入りで、あたたかく過ごしていますけどね…。

クウも自分専用のホットマットを持っていて、古くからの愛用者です。実はルルドもホットマットを使っています。低温やけどにならないように、ホットマットの上に敷物をしいたり、熱くなり過ぎたら避難できる場所も作ってあります。ぽっちゃんは、ふだんこたつの中にいることが多いです。ネコはあたたかい場所が大好きですね。

ネコたちもこの冬を無事乗り切ってよかったな。だれも病気やケガにならなかったし、人間もインフルエンザにかからずに済みました。

これから来る本格的な春が楽しみですね〜。花粉症だけど…。花粉症さえなかったらな〜。わが世の春なのに…。


20170302mat.jpg
ヨドバシで買ってきた素敵なホットマット。少し浮いて見えるのは下にクッションを敷いているからです。



20170302kaito2.jpg
ぼくのホットマット。だれにも渡さないぞ!


20170302kuu2.jpg
ぼくもホットマット持ってるよ、とクウちゃん。


20170302kuu3.jpg
年季が入ってるね。


20170302kuu1.jpg
あったかいにゃ~。


20170302kaitorurudo.jpg
カイトとルルド。ルルドのケージからホットマットのコードが垂れています。


20170302rurudo1.jpg
どうですか。ルルちゃん。


20170302rurudo2.jpg
うん、あったかい。


20170302kaito4.jpg
ぼくもあったかい~!


20170302kaito3.jpg
あったかいよ!


20170302kaito1.jpg
あったかい~!!


20170301ume.jpg
昨日撮影した梅。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。