FC2ブログ

虹の橋のメイと7匹のネコたち

初めて拾ってきたネコのメイは二十歳を目前に虹の橋へと旅立っていきました。我が家にやってきた8匹のネコたちののんびりなごなごした記録です。

カイトとクウちゃん

3匹いた女の子たちがみんな虹の橋へと旅立っていってしまい、本当にさみしいな〜と思う日々です。(;_;)残された3匹の男の子たちも高齢ゆえ病気を抱えていますが、なるべく長く一緒にいたいとお世話に追われる毎日です。

今年の3月、カイトに健康診断を受けさせました。するとミーシャと同じ慢性腎臓病だと判明。2016年7月のブログに「ねこちゃんと腎臓のおはなし」という病院から頂いた小冊子を紹介する記事を書きました。その中からざっくり抜粋すると「慢性腎臓病とは腎臓のなかで血液をろ過、濃縮して尿をつくる部分(ネフロン)が徐々に壊れていく病気です。一度慢性腎臓病にかかると完全に治すことができないと言われています」という内容でした。

カイトは4段階中のステージ2でした。まだ軽度に分類されましたが、これ以上悪化するのを防ぐため、ミーシャも飲んでいたセミントラという液体のお薬を飲ませています。尿タンパクを改善する薬です。無味無臭でウェットフードに混ぜれば抵抗なく飲ませることができます。ドライフードも療法食の腎臓サポートというものを与えています。今のところカイトは元気に過ごせています。(^ ^)

最近はクウちゃんと同じ部屋で過ごす時もあります。ちょっと緊張感がありますが、クウちゃんが弱ってきたためカイトも大胆になり、クウちゃんが段ボールのベッドの中で寝ていると、のぞきに行きます。お互い相手の匂いを嗅ぎたいらしく、しっぽやおしりに近づこうとしています。(笑)


20190801kaikuu6.jpg
二匹が近くに。少し緊張感が。



20190801kaikuu5.jpg
それほどでもないかな。



20190801kaikuu3.jpg
と思ったら、クウちゃん、動いた~!



20190801kaikuu2.jpg
カイト母にガードされ、何事もなかったように。


20190801kuu3.jpg
クウちゃん、病気に負けないようにたくさん食べてね。



20190801kaito5.jpg
椅子の下からこんにちはとカイト。



20190801kuu2.jpg
どうもこんにちはとクウちゃん。



20190801kaikuu1.jpg
遠くから見つめるクウちゃん。


20190801kaito4.jpg
クウちゃんをあまり怖がらなくなったね。



20190801kuu1.jpg
クウちゃん、穏やかになったね~!暑いのに台所が好きなクウちゃん。


20190801kaito3.jpg
頭を高速でなでられた後のカイト。



20190801kaito2.jpg
ぼくってかわいい?



20190801kaito1.jpg
とってもかわいいよ~。(*^_^*)

スポンサーサイト

PageTop

3匹のおっさん

3月にぽっちゃんが、虹の橋へと旅立って行き、先月のブログまでぽっちゃんのことを書いてきました。

今月は残された3匹のボーイズ(年齢的には立派なおじいさんかな)の写真をご覧いただこうと思います。ゴールデンウィークに姉たち家族が遊びにきて、姉や姪たちが兜を折ってくれました。ずいぶんと季節外れですが、兜をかぶったボーイズの勇姿をご覧ください。m(__)m

それから、ルルドを爪切りに獣医さんに連れて行ったときの写真です。爪切りだけじゃなく、バリカンで一か所背中のごわついていたところを刈ってもらったり、ブラシで毛をといていただきました。ルルちゃん、さっぱりと気持ちよくなったね〜。母も大喜び。
\(^o^)/


あと、弟夫婦が飼っているパンダネズミのむぎちゃんが、病気療養のためうちにやってきたときの写真です。自分で背中をかじってしまう自傷の症状があるのですが、弟夫婦の懸命な看病のおかげで今も元気です。

20190701kuu4.jpg
クウちゃんは、うちで一番武士らしいこかな。



20190701kuu1.jpg
クウちゃん、凛々しいね。



20190701kuu2.jpg
いつもこの段ボール箱で寝ています。足が上がってるよ、クウちゃん。



20190701kai3.jpg
僕もかわいいです。かわいがってください。



20190701kai4.jpg
一番甘えん坊のカイト。



20190701kai2.jpg
カイトはかわいい!


20190701rurudo1.jpg
ルルドは意外と気が強いよ。



20190701rurudo7.jpg
病院へ行くため、キャリングに入れられたルルド。



20190701rurudo5.jpg
病院へ行くの~?



20190701rurudo4.jpg
いやにゃ、いやにゃ~。



20190701rurudo2.jpg
車で移動中のルルド。


20190701mugi3.jpg
むぎちゃん、初登場!



20190701mugi2.jpg
キャベツが好きです。



20190701mugi1.jpg
むぎちゃん、がんばれ!



20190701kurinoki.jpg
うちの近くの栗林の木に小さな青いイガイガが。

PageTop

ぽっちゃん、虹の橋へ

3月になり、少し食欲が回復したぽっちゃんでしたが、3日から酸素ハウスにずっと入るようになりました。4日、ぽっちゃんが口を開けて息をするのを見て、私は仕事に行きました。ぽっちゃんがまだ生きていますようにと祈りながら、私は走っては疲れて歩きを繰り返し家路に着きました。ぽっちゃんは待っていてくれました。

次の日私は仕事が休みだったのでぽっちゃんをしっかり看病しようと思っていました。朝食をとった後、ぽっちゃんが酸素ハウスの出入り口でうろうろしていたので、うかつにも外に出してしまいました。ぽっちゃんは口で息をして苦しそうになったので、慌ててすぐに酸素ハウスに戻しました。それでも息が苦しそうで、私は母を呼びました。ぽっちゃんはしばらく苦しみそして逝ってしまいました。

苦しい思いをさせて死なせてごめん。どうして私はちゃんと見送れないのだろう。ミーシャのときもジジのときも。強い後悔の思いにかられました。しばらく私は泣き続けました。

ぽっちゃんを冷房を入れた部屋に安置し、母と花を買いに行きました。デンドロビウムという蘭の鉢植えを買いました。ミーシャのときは黄色のミニバラを買ったのでした。今お花を咲かせています。

ぽっちゃんを庭で咲いていたビオラやノースポール、シロタエギク、買ってきた蘭の花で飾りました。翌日、ペットの火葬をしてくれる業者に来てもらい、ぽっちゃんを火葬してもらいました。

今も後悔の気持ちは消えず、毎日亡くなった動物たちにごめんねと詫びています。でも悲しみ続けることを亡くなったみんなは望んでないと思うのです。後悔や悲しみ、それは消えることはありませんが、喜びや感謝など色んな気持ちを抱えて生きていこうと思います。一緒に生きてくれてありがとう。いつか虹の橋で会えたらいいねと祈っています。



20190601huu5.jpg
美しいぽっちゃん。


20190601huu1.jpg
横顔もきれいなぽっちゃん。


20190601huu4.jpg
かわいいぽっちゃん。


20190601huumisya1.jpg
ミーシャとぽっちゃん。


20190601huumisya2.jpg
ミーシャをなめてくれたやさしいぽっちゃん。


20190601huukaimisya2.jpg
マグロ祭りの三匹。


20190601huu3.jpg
耳が後ろ向きになったちょっと不機嫌なぽっちゃん。


20190601huu2.jpg
ぽっちゃん、ありがとう。


20190601huu6.jpg
いつかきっと虹の橋で。

PageTop

ぽっちゃんの闘病

ぽっちゃんが、がん性胸水症になり亡くなったと先月お伝えしました。今日はぽっちゃんの闘病の様子の続きをお話ししたいと思います。

ぽっちゃんは1月頃からか、もっと前からかもしれません。食欲が落ちていって、2月の半ばにはお水しか飲まなくなってしまいました。ごはんを食べなくてもかなり動いているぽっちゃんを見て仙人みたいだと感心しながら、心配でどうすればいいんだろうと悩み、姉や弟のお嫁さんにラインで相談しました。

2人は心配してくれて、経口補水液を飲ませてみてはとアドバイスをくれました。そういえばミーシャのときにも作ったなと思い出し、ネットで調べて作ってみました。ですが水の方が好きみたいであまり飲んではくれませんでした。両親がネコのためのスープやミルクを買ってきてくれましたが、それも飲んではくれませんでした。カイトが喜んだだけでした。( ;∀;)

しかしやっとぽっちゃんが食べてくれるものを見つけました!チュールです。チュールを指に少しつけ、鼻先に持っていき匂いを嗅がせると少しずつペロペロと食べてくれました。少しでも栄養のあるものをと総合栄養食と書かれているチュールを選びました。ほんの数口ですが食べてくれて大喜びしました。

あと嬉しかったのは、私がベッドで寝ているとしばらくしてぽっちゃんがベッドの上に飛び乗って一緒に休んだことでした。夜寝るとき以外も、時間があればベッドの上でぽっちゃんを待っていました。時間がかかるときもありましたが、ぽっちゃんは必ずやってきてくれました。ぽっちゃんがかわいくて愛おしくて、ぽっちゃん愛してる〜!と強く思いました。ユーチューブでネコがリラックスできる音楽をかけて共に過ごしました。母もぽっちゃんと一緒に休んだり、のどをゴロゴロ言わせたりしていました。

いつもずっとベッドの上にいるのではなく、昼間はぽっちゃんはベッドの下に隠れてしまうことも多かったです。あとはコタツの中や、酸素ハウスに入ったりしていました。レンタルした酸素ハウスのチューブをぽっちゃんのいるところに持っていき呼吸が少しでも楽になるようにしました。お水やチュールをこまめに与えることを心がけました。

3月になり、食欲は少し回復したのですが、呼吸が苦しくなり、酸素ハウスにいる時間が増え、3日からずっと酸素ハウスに入るようになりました。穀物フリーのフードを買ったときに付いてきた黄色いプラスチックのスプーンにチュールをのせて食べさせるとよく食べてくれることを母が発見し、黄色いスプーンを奇跡のスプーンと呼ぶようになりました。 それで缶詰も少し食べてくれました。

次回ぽっちゃんの最期についてお話ししようと思います。長文を読んでいただきありがとうございました。m(_ _)m




20190503huu1.jpg
ぽっちゃんのアップ。



20190503huu2.jpg
私のベッドに来てくれたぽっちゃん。



20190503kotatu.jpg
ベッドの上のコタツ。遠くにカイト。



20190503huu6.jpg
コタツの中のぽっちゃん。酸素チューブを入れて。



20190503kaito.jpg
ぽっちゃんに買った猫用ミルクとフードを食べるカイト。



20190503kaitohuu1.jpg
あ~あ。(-_-;)



20190503huu3.jpg
しょうがないわね。カイトくんは。



20190503huu4.jpg
まあ、いいわ。ころん。



20190503huu7.jpg
奇跡のスプーンでチュールを食べるぽっちゃん。



20190503huu5.jpg
ぽっちゃん、よくがんばったね。

PageTop

ぽっちゃん

先月はブログを更新できずごめんなさい。そして今、とても悲しいお知らせをしなくてはなりません。3月5日にぽっちゃんが亡くなりました。

1月の検診で体重が落ち、お腹に小さなつぶつぶとしたでこぼこがあり、レントゲンに数ミリの何かがあると先生に言われ、再発、再手術を覚悟しましたが、こんなにも早くぽっちゃんが逝ってしまうとは思いませんでした。

健康にいいと思って買った穀物フリーのドライフードをあまり食べてくれなくなり、以前食べていたフードに戻したのですが、それもあまり食べなくなり、昨年10月の手術前には4kgあった体重が、2月の初めには3.2kgに減ってしまいました。

2月11日(月)呼吸が少し苦しそうになったので、翌日動物病院に連れていきました。レントゲンやエコー検査を受け、がん性胸水、胸に水が溜まっている状態だとわかりました。その日のうちに胸に針を刺し水を抜く胸水抜去の処置をしていただきました。100ccの水が取れました。家に帰るときは楽になったように見え、ほっとしましたが、家に帰り数時間でまた少し息が苦しそうになってしまいました。

先生に酸素室のレンタルができるところを紹介して頂いていたので、病院に行った翌日、両親に酸素ハウスを車で取りにいってもらいました。透明のアクリル板を組み立て小屋を作り、酸素を作る機械からチューブを引き小屋へ差し込み、酸素濃度を上げその中に入らせ、呼吸を楽にするというものです。透明で中が見えるので、ぽっちゃんはあまり警戒した様子はありませんでした。でもいきなり中に閉じ込めると、怖がり入るのを嫌がるようになってしまうと思い、扉を少し開けていつでも出入りできるようにしました。少しでも扉が開いていると酸素濃度はあまり高まらず、効果はないのですが、初めのうちはぽっちゃんも外でもそれほど苦しくなく過ごせていましたから、酸素ハウスは少ししか使いませんでした。

15日(金)動物病院へぽっちゃんを連れていきました。胸水を抜いてから短時間で呼吸がまた少し苦しそうになったことを先生に告げ、エコー検査でも水が溜まっているのを確認すると、先生はもう胸水を抜く処置はせず、残された時間をなるべく本人が嫌な思いをせず、心地よく過ごせるようにしてあげてくださいと言われました。看護師の方に、こういうとき先生がいつも言っていることですが、玉ねぎなどの毒以外のものなら何でも食べさせてあげてくださいと言われました。

ぽっちゃんを見送る覚悟をしなければならないんだと悟りました。ぽっちゃんと過ごせる限られた時間を大切にしようと思いました。ぽっちゃんがいない少し先の未来を思い浮かべ、何て味気ない、さみしい暮らしだろうと何度かそういう想いが頭をよぎりました。しかしぽっちゃんが死んだ後のことなど考えられず、というより考えたくなくて、ブンブンと頭を振ってその考えを追い出しました。今ぽっちゃんが生きている。今ぽっちゃんが生きようと闘っている。それを少しでも楽にしてあげたい。最期までぽっちゃんに寄り添って支えてあげられたらと願いました。

その後のことについてはまた次回に書こうと思います。これまで長文を読んでくださりありがとうございました。


20190402huu7.jpg
酸素ハウスに入ったぽっちゃん。2月14日撮影。


20190402huu1.jpg
元気なころのぽっちゃん。



20190402huu2.jpg
かわいい、かわいいぽっちゃん。



20190402huu3.jpg
ブログの文章を考えているときノートの上に乗るぽっちゃん。


20190402huu5.jpg
出窓の机にいるぽっちゃん。


20190402huu4.jpg
麗しいぽっちゃん。


20190402huu6.jpg
鼻にしわを寄せて、ちょっとしわがれた声で、ミヤオ~と鳴いたときのぽっちゃん。


20190402misyakaihuu1.jpg
あくびするミーシャ、すごい顔。もうカイト1匹になってしまったね。

PageTop